QRコード
QRCODE
インフォメーション
アクセスカウンタ
読者登録
メールアドレスを入力して登録する事で、このブログの新着エントリーをメールでお届けいたします。解除は→こちら
現在の読者数 6人
プロフィール
saitodance

2016年03月07日

宗吽院古文書研究報告会

306(日)は丸森に行ってきました。

約1300年の歴史のある修験寺院宗吽院の古文書研究が東北大学文学部佐藤大介先生とゼミのみなさんで始められて3年

今年は3回目の報告会。

資料が足りなくなるほどの大盛況で地元の方々の並々ならぬ関心のほどが伺えました。

今回は寛政の代に伊達家を守る有力寺院としての活躍が記された文書をもとに

佐藤先生と学生さんによる文字通りではない、人となりに突っ込んだ生き生きと感じられる発表に引き込まれました。


アメリカからの留学生の学生さんも熱心に研究に参加されていて

私にはとても読めない古文書をすらすらと読んで解説下さったのにはとってもびっくりしました。

彼女は、聞いたところでは伊達政宗の漫画を読み興味を持ち東北大学に勉強にいらしたそうです。

佐藤先生は研究はまだまだ道半ばですが、宗吽院文書の保全活動を通じて丸森町全体を巻き込んで歴史のリレーをしていきたいとのことでした。

~☆~
丸森町修験寺院宗吽院
清々しいお不動さんがお迎えしてくれます。




Posted by saitodance at 22:21│Comments(0)
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
宗吽院古文書研究報告会
    コメント(0)